Bridal group You&有  
100万円プランこだわりWプランハートフルWプランオリジナルWプランカラードレスウエディングニューブライダル和装オーガンジー打掛黒振袖色打掛白無垢プラン内容価格表プラン内容着付学院お問い合わせ関連リンクYou&有の活動You&有について遊 love きものおすすめ企画美容着付料金着物メンテナンス着物レンタル成人式・卒業式和フォトウエディングHOME
 

黒引振袖




すっきりとした気品とレトロでクラッシックな雰囲気が魅力で大人気です。武家の婚礼衣裳として使われていた黒引振袖で、明治から昭和初期の女性はほとんどお嫁入りしました。


ドレス感覚でまとう黒の衣裳は、凛とした佇まいできりりとした品性を放ちます。 品良く控えめながら個性的な花嫁は自立した現代女性の強い意志を反映するかのようです。 「お引き 」 「お引きずり 」とも呼ばれる裾をひいた振袖が花嫁を包みます。


クラシックな赤の小物や、ブルーの個性的な小物を合わせることであなたのオリジナルスタイルを演出します。 格調を保ちつつ、ドレス感覚で着られます。格式のある式場にもモダンなレストランでも映えます。 黒地はしっとりとした品格と華やかさを合わせもつ地色です。



最近は黒のお引きずりに洋髪やブーケが人気です。語り継がれてきた日本の結婚式、その心を伝える黒引振袖は挙式にもお色直しにもふさわしい装いです。

<黒の花嫁衣装の変遷>

江戸時代には小袖がどんどん発達し、振り袖や留め袖が誕生しました。髪型も急速に進歩し、文金高島田ができあがりました。この時代の裕福な町人の娘さんは綿帽子を被って白無垢で式をあげ、式の後は色物の着物にお色直しをして、嫁ぎ先の家風に染まったことを表しました。

一方、同時期に庶民の間では「もう何の色にも染まりません」という意味の黒の花嫁衣装がうまれました。このころから、庶民の礼服が、黒ちりめんの紋付き、裾模様のきものだったからです。明治の花嫁の間では、下から白・赤・黒の三枚襲ねで着るのが流行しました。

昭和30年代前半まで黒振り袖の花嫁衣装が最も一般的になりました。時を経るに連れ少しずつ華やかさをましてきました。明治時代の終わり頃から、御殿女中をまねて角隠しが用いられるようになったり、身分違いで身につけることができなかった装身具をコーディネイトしたりして華美になってきました。そして、昭和初期から裾模様から総模様に変わり、平成の現在、黒振り袖に角隠しスタイルのレトロ調が人気となっています。




 

 

 
ページトップへ