Bridal group You&有  
100万円プランこだわりWプランハートフルWプランオリジナルWプランカラードレスウエディングニューブライダル和装オーガンジー打掛黒振袖色打掛白無垢プラン内容価格表プラン内容着付学院お問い合わせ関連リンクYou&有の活動You&有について遊 love きものおすすめ企画美容着付料金着物メンテナンス着物レンタル成人式・卒業式和フォトウエディングHOME
 

白無垢



清雅な美を代表する打掛から掛下まで全身すべて白で統一した神聖な式に臨む和装の代表的な式服である白無垢。無垢とは汚れのない混じりけのないという意味です。古来より、日本では白を清楚な色として好み、その清浄さゆえに神に仕え神を祭る色として祭服には白を用いました。室町時代末期頃には、「嫁ぎ先の家風に合わせてどんな色にも染まります」という意味合いが加わって花嫁衣装となり、今日まで継承されています。


こうした精神的な意味合いを含む白無垢は、現在でも最高の格式を持つ婚礼衣装とされています。  最近はウェディングドレスでチャペル挙式が一般的になりましたが、清楚で厳粛な感じの白無垢に憧れる方も多く、根強い人気があり、写真だけでも白無垢を残しておきたいと希望される方も多いです。ホテルや結婚式場での挙式が普通になりました。しかし地方によっては、花嫁は結婚式の日には自宅で白無垢に着替え、家族の方々やご近所の皆様に見送られて神社に赴く風景が見られます




■綿帽子・角隠し

花嫁のかぶり物には綿帽子と角隠しがあります。本来は、式が終わるまで、夫以外の人に花嫁の顔を見られないためのものでした。綿帽子は袷仕立ての白絹を袋状に仕立てたものです。暑い季節には涼しげな生地で仕立てたものも使用されます。角隠しも袷仕立ての長方形の白絹を髪に留められるようにしたものです。角隠しは、最近では淡いピンクやオーガンジー素材もあるのでカジュアルな雰囲気にすることができます。とぢらを使用するかはお好み次第で自由に選ぶ事ができます。




 

 
ページトップへ